でちゃう! 取材公約

でちゃう! 取材公約
スポンサーリンク

でちゃう!の特徴として、エリアごと(東北・北関東・関東・東海・関西・九州)に異なる取材を行なっており、それぞれで取材の公約が異なるということである。ここには東海で展開される取材の公約について記載していく。

でちゃう!砲

● 公約

スロット全体(低貸し・立ちスロ除く)の1/5が設定6

● オススメ度

5.0
考察

ガセらないよう設定確認をしているという情報がある。結果報告も必ず掲載しており、信頼度は高い(※規制上、岐阜県・三重県の結果報告はできないため、当該エリアの結果報告は載っていない)。5分の1で設定6というかなり強い公約となっているのでオススメ度は高い。

ネックな点は、公約が強い+要設定確認という条件の厳しさから開催件数が少ないということ。

三度の飯より一度の調査

● 公約

スロット全体(低貸し・立ちスロ除く)の1/3が設定456(配分1:1:1)

● オススメ度

5.0
考察

ガセらないよう設定確認をしているという情報がある。結果報告も必ず掲載しており、信頼度は高い(※規制上、岐阜県・三重県の結果報告はできないため、当該エリアの結果報告は載っていない)。3分の1で設定456(456は1:1:1の均等配分)というかなり強い公約(※設定56の数に限っても9分の1で設定5、9分の1で設定6となるため、56だけで全体の4.5分の1を占める)となっているのでオススメ度は高い。

ネックな点は、公約が強い+要設定確認という条件の厳しさからでちゃう!砲と同じく開催件数が少ないということ。

(でら)真剣な意見を聞かせてくれ

● 公約

3台以上設置機種の2機種が全台設定6(低貸し・立ちスロ除く)

※でらの数だけ全6機種がプラス(でら真剣=3機種、でらでら真剣=4機種)

※沖ドキは対象外

● オススメ度

3.5
考察

全6が2機種ということでオススメ度は高い。全6ということで対象機種を見つけることも比較的容易。

しかし、2機種とも出玉率の低い機種に投入される場合もあるため、勝つためには店選びやクセの把握が重要となってくる。

ほぼ全店の結果報告を行なっており、それらの結果報告を見る限り、ガセは少ないという印象。

(でら)打ちたい台が固まっているか聞かせてくれ

● 公約

5台並びの設定6が2箇所(低貸し・立ちスロ除く)

※でらの数だけ5台並びの設定6が追加(でら固まり=3箇所、でらでら固まり=4箇所)

※沖ドキ全台は対象外(沖ドキにかかる場合はあり)

● オススメ度

3.0
考察

5台並びの設定6が2箇所ということで、オススメ度は店の規模次第でかなり変わってくる。
少台数の店であれば対象箇所を見つけることも容易。言い換えれば、多台数の店では2箇所を見つけることは難しいということ。
3台並びや縛りが5以上であることが多い他の並び系取材と比べてみると、5台並びという点、設定はすべて6という点から、リセットの有無やホールが注力する機種のクセを知っていれば、十分立ち回れる。

ほぼ全店の結果報告を行なっており、それらの結果報告を見る限り、ガセは少ないという印象。

(でら)痛烈な批判を聞かせてくれ

● 公約

全台設定6の列が2列(低貸し・立ちスロ除く)

※でらの数だけ列が追加(でら痛烈=3列、でらでら痛烈=4列)

※沖ドキは対象外

● オススメ度

4.0
考察

島の2列が全台設定6ということで、ある程度の稼働さえあれば対象の列が見抜きやすく、オススメ度は高い。全6対象の列が見抜きやすいということは、ガセの場合はすぐにユーザーに気づかれてしまうということ。そのため、しっかりと全台列をつくっているホールは多い。
時折ガセ?なのか、公約を間違えているのか、対象列が設定456や設定56と疑わしき結果もあった。開催店の信頼度は把握していおいた方が良さそうだ。

(でら)末代まで語れる自慢話を聞かせてくれ

● 公約

特定末尾が1/2以上で設定6

※でらの数だけ特定末尾が追加(でら末代=特定末尾2つ、でらでら痛烈=特定末尾3つ)

● オススメ度

3.5
考察

今まで開催してきた店は岐阜県の店しかなく、現状結果報告での確認が難しく、考察する点はとくにない。開催が待ち遠しいところだ。

ENJOY四天王

● 公約

3台以上設置機種の4機種が全台設定456(456はそれぞれ1台以上使う必要がある、全56、全6はあり)

● オススメ度

3.0
考察

対象が4機種あり、必然的に高設定の台数は多くなるため十分オススメできる。また456と条件が比較的緩いため、10台以上の多台数機種が対象となることも多々確認している。

ほぼ全店の結果報告を行なっており、それらの結果報告を見る限り、ガセは少ないという印象。なお結果報告は対象機種の平均出玉率や平均差枚で出しているため、気になる方は公開されているデータを見ることをオススメする。

ホール格付けチェック〜光〜

● 公約

ハナ対象イベント

ハナ全体の出玉率で5段階評価(★1つ=出玉率98%未満、★2つ=出玉率98%〜99.9%、★3つ=出玉率100%〜102.9%、★4つ=出玉率103%〜105.9%、★5つ=出玉率106%〜)

● オススメ度

3.0
考察

公約を設けているのではなく、その日のハナハナシリーズ全台の結果によって格付けするという内容から、強くなるか弱くなるかはホールの頑張り次第となる。

ただホール格付けチェック”光”をホールが開催する=良い評価を出してアピールしたいという思惑があるため、回収する日にこの取材を行なうことは少ないと思われる。

マッツン

● 公約

特定末尾の1/2以上が設定56

● オススメ度

3.0
考察

2020年8月時点での開催は確認できないため、現状では考察する点はとくにない。

かどチェル

● 公約

角台の1/2以上が設定56

● オススメ度

3.0
考察

狙いが明確のため、オススメできる。2020年8月時点での開催は2回確認でき、その結果報告を見ると公約を守っていることが分かる。

にこぽん

● 公約

2台並びで設定56を複数投入

※設置台数で投入箇所は変化

※101台〜150台 3箇所

※151台〜200台 4箇所

※201台〜250台 5箇所

※251台〜300台 6箇所

※301台〜350台 7箇所

※351台〜400台 8箇所

※401台〜450台 9箇所

※451台〜 10箇所

● オススメ度

2.5
考察

設置台数により、2台並びの56の箇所数が変わるという内容。スロット総設置台数の比率にして4〜5%が56となるため、ピンポイントでツモるのは難しいと思われる。今までの開催店では必ず結果報告がなされており、しっかりとやっているという印象。他の店舗で何も強取材等やっていないのであれば、参加してみてもいいのでは。

ゴダイっち

● 公約

5台以上設置機種に1台以上設定56

10台以上設定機種に2台以上設定56

20台以上設置機種に3台以上設定56

● オススメ度

3.0
考察

ヒュドラ、ギガヒュドラ、DOKYUNと似た内容の公約。2020年8月時点での開催は見られないため、考察する点はとくにないが、その狙いやすさから開催時のオススメ度は十分ある。

かたおぼ

● 公約

5台以上並んで設定56

※設置台数で投入箇所は変化

※スロット総台数200台以下 2箇所

※スロット総台数201台〜300台 3箇所

※スロット総台数301台〜 4箇所

● オススメ度

3.0
考察

固まり取材の設定56版。さらに設置台数によって投入箇所数が変わるという内容。2020年8月時点での開催は見られないため、考察する点はとくにない。

粕江ネェ

● 公約

前日の設定56が1/2で据え置き

● オススメ度

1.5
考察

2020年8月時点での開催は見られないため、考察する点はとくにない。が、設定56がデータで十分に判別できる機種(主に6号機)であれば狙っていく価値はあると思われる。

三井さん

● 公約

3台以上設置機種の3機種が全台設定56

● オススメ度

3.0
考察

公約内容はギガオルトロスと同じ。2020年8月時点での開催は見られないため、考察する点はとくにない。

華道

● 公約

ハナ対象(公約無し)

● オススメ度

1.0
考察

開催条件に縛りがないのでオススメ度は低い。ホール次第といったところか。三重県のコーナーオープンで良データを目撃したことはある。

光道

● 公約

ジャグラー対象(公約無し)

● オススメ度

1.0
考察

開催条件に縛りがないのでオススメ度は低い。

萌道

● 公約

萌え系機種対象(公約無し)

● オススメ度

1.0
考察

開催条件に縛りがないのでオススメ度は低い。

漢道

● 公約

番長シリーズ対象(公約無し)

● オススメ度

1.0
考察

開催条件に縛りがないのでオススメ度は低い。

神道

● 公約

GODシリーズ対象(公約無し)

● オススメ度

1.0
考察

開催条件に縛りがないのでオススメ度は低い。

行けば見える取材

● 公約

特定機種対象取材

店内ポスターの種類によって機種を示唆

● オススメ度

1.0
考察

店に行かないと対象機種が分からない、また開催条件に縛りがないのでオススメ度は低い。

トリプルジャッジ

● 公約

1:スロット全体(低貸し・立ちスロ除く)の1/5が設定56
2:3台以上設置機種に1台以上設定56
3:同一末尾の2つ以上に1/2以上で設定56

上記3つの中から最低でも1つ以上の内容を実施することが公約となる。

● オススメ度

4.5
考察

公約は3つの中から最低でもどれか1つを実施しなければいけないという内容。いずれも十分に打つことのできる内容となっているのでオススメ度は高い。末尾系取材は、専業と戦わなければならないためオススメしないが、実施されるか確約されていないので専業と同じ土俵で戦わなくても良いのが高評価。なお、開催ホールによっては3つすべての公約を実施することもあるようだ。
※設定確認しているという情報あり

(超)ハイテンション取材

● 公約

ハイテンション取材 20スロの10%以上が設定56(設定56は1:1)

超ハイテンション取材 20スロの20%以上が設定56(設定56は1:1)

● オススメ度

3.04.0

考察

超がつくかつかないかでかなりオススメ度が変わってくる。店内の10%が設定56というだけではかなり厳しい。1:1というのがせめてもの救いだが探し出すことが難しいことに変わりはない。超ハイテンションのほうは十分に勝負できるのではないか。

オールスター取材 NEW

● 公約

6台以上設置機種すべての機種にオール設定(123456)を必ず投入

● オススメ度

4.0
考察

必勝本のダイスと同じような公約だが、違いは6台以上設置機種の全機種にオール設定が投入されるということ。中型店・小型店ならかなり狙いも絞りやすいし、大型店でも対象が6台以上設置すべてとなると安心して打てる。

うれしーさー NEW

● 公約

沖スロコーナーに1/5で設定56投入

● オススメ度

3.0
考察

設定456ではなく設定56というところは良いポイントかと。1/5ということと対象がオール設定5もありえるということが懸念点か。あとは沖スロコーナーが対象ということなので沖ドキなどに寄せる店だと厳しいかも。

でちゃう砲〜第2弾〜 NEW

● 公約

沖ドキシリーズを除いたスロットコーナーの1/5が設定56(56比率1:1)
※番長3には必ず1/5で設定56投入
※こちらも設定確認ありとのこと

● オススメ度

4.5
結果

第二弾は設定56になってしまったがしっかり1:1という条件も付いているみたいなのでそこまでマイナスポイントではないかも。設定確認ありとのことで今までのでちゃう砲もしっかり結果を残しているので第二弾もオススメできる。